コナンゼミ

【おうちの方へ】読書感想文におすすめの本

「かんたん読書感想文」は教材配送7月号といっしょにお届けした特別教材です。
国語ワークブック作問者の佐藤友樹先生が紹介する、学年別に読書感想文におすすめの本を参考に、お子様と一緒にピッタリの本を選んでみてくださいね。
 

低学年向け:小1、小2
中学年向け:小3、小4
高学年向け:小5、小6

 


 

低学年向け:小1、小2
『どこからきたの? おべんとう』

いつも食べているお弁当。その食べ物はどこで作られ、どうやって運ばれて、ここに集まっているのでしょう? お弁当を調べると、多くの自然のめぐみと、たくさんの人たちの仕事がそこにあることがわかります。
 
作・絵:鈴木まもる
定価:本体1300円+税(金の星社)
 


 

『まいごのしにがみ』

道案内したおじさんは、なんと「死神」でした。でも、おじさんは、人の不幸を見る仕事が自分に向いていないとなやんでいました。おもしろくて考えさせられる物語ですが、最後にすてきな結末が待っています。
 
作:いとうみく/絵:田中映理
定価:本体1200+税(理論社)
 


 

中学年向け:小3、小4
『チイの花たば』

チイちゃんの家は花屋さん。花は人を幸せにします。店ではおばあちゃんの作る花たばが、お客さんに喜ばれていました。花が好きなだけでは花屋さんになれません。チィちゃんに花たばを作るテストが始まりました。
 
作:森絵都/絵:たかおゆうこ
定価:本体1300円+税(岩崎書店)
 


 

『カラスのいいぶん』

カラスは家庭ごみを散らかす嫌われものです。でも、カラスの立場になってみたらどうでしょう。カラスにも言いたいことはきっとあるはずです。人間の近くで生きるカラスの生活を観察して考えてみる本です。
 
作:嶋田泰子/絵:岡本順
定価:本体1200円+税(童心社)
 


 

高学年向け:小5、小6
『北里柴三郎』

新千円札の顔となった「北里柴三郎」について知っているでしょうか。伝染病の予防・治療のための多くの発見をして、「近代日本医学の父」と呼ばれました。コロナ感染を経験している今、読んでほしい本です。
 
分:たからしげる/絵:立花まこと
定価:本体1500円+税(あかね書房)
 


 

『世界でいちばん優しいロボット』

孤独な人をいやすロボットの開発を始めた吉藤さん。海を守るために魚を逃がす漁師・斎田さん。幸せを広げるチョコレートの店を作る石原さん。いずれも地球の未来を優しさで守る仕事。本当にあった話です。
 
文:岩貞るみこ/絵:片塩広子
定価:本体1400円+税(講談社)
 


 

佐藤友樹 先生

読書感想文のヒントを教えてくれた佐藤先生は、名探偵コナンゼミ 通信教育の国語ワークブック作問者。ドラえもん学習シリーズ(小学館)など著書多数。

2022/06/23
ページトップへ戻る